試合規定

  • フルコンタクトノックダウンルール(突き、蹴り、打ち、投げ等を、全身に直接加撃し倒して一本とする。)
  • 顔面に指定のプロテクターをつける。顔面への攻撃も認める。
  • 一つの技ごとに試合を中断せず試合時間をフルに戦って勝敗を決める。(但し、技あり以上を除く)
    1. ただし、指定の拳プロテクターを、必ず使用すること。
    2. ファールカップ着用(各自用意)
    3. マウスピースは、使用可能(各自用意)
    4. その他のサポーターは、主審に許可を得ること(すねサポータ可)
  • 大会は基本的には、無差別で行われる。
  • 試合時間は、二分間とする。決着がつかない場合は一分間の延長を一回のみ行う。
  • 「つかみ」、「抱え」を認める。但し一試合のうちお互いあわせて二回まで、制限時間は、五秒以内とする。五秒以内であれば「つかみ」「抱え」からの打撃、投げを認める。但し、絞め技、関節技、寝技は、反則となる。

ルールの詳細

試合規則

  • 勝敗は、一本勝ち、判定勝ち(「技あり」による優勢勝ち)、相手の失格もしくは、棄権による三態がある。
  • 「一本勝ち」は次の各号によって行う。
  • 上段(顔面)、中段(胴)、下段(脚)への加撃により、
    1. 三秒以上ダウンした場合。
    2. ダウンはしないが、五秒以上の戦意喪失があった場合。(※ .戦意喪失とは、対戦者に正対し、ファイティングポーズを取れない状態をいう)。
    3. ダウンや戦意喪失はしないが十秒以上、上段(顔面)を主体とした効果的な加撃が、一方的に行われた場合。
    4. 「技あり」は次の各号によって行う。
  • 上段(顔面)、中段(胴)、下段(脚)への加撃により、
    1. 三秒未満のダウンがあった場合。
    2. ダウンはしないが、マスク未着用の場合ダウンがあったと十分考えられるほど強力な、衝撃があった場合、又は五秒未満の戦意喪失があった場合。
    3. ダウンや戦意喪失はしないものの、五秒以上、十秒未満、上段(顔面)を主体とした効果的な加撃が一方的に行われた場合。
    4. 足払い、投げ等により相手を転倒させ、十分な姿勢からの、突き、蹴り等により、「極め」の動作がなされた場合。
      「極め」の動作

反則

  • 金的への攻撃。
  • 倒れた相手への加撃や、寝技。
  • 背後への攻撃(後頭部、脊柱など。)
  • 制限時間を超えての「つかみ」。
  • 顔面プロテクターへの「つかみ」、但し、抱えることは可 。
  • 故意に場外へ逃げること、敵に故意に背後を向けること、又、三十秒以上互いに技を出さずに向かい合ったままの場合「指導」の対象となる。指導、注意、警告、失格の順になる。
  • 貫手による攻撃。
  • その他審判員が、悪質とみなした技、言動、もしくはセコンドの者による同様の行為は反則となり、相応の反則を課せられる。

注意事項

  • 選手は、紳士的な態度をとること。
  • 対戦相手を、誹謗、中傷する応援は絶対にしないこと。

上記に反する者は、退場処分とします。

試合形式としては、この他にクリーンヒットルール(ダメージ重視ではなく、技の的確 制をみるもの、女子部は顔面パンチを認めるもの、認めないもの等)があり、これらは広く参加をよびかける、参加型のルールです。